国民年金基金の受給プランなら?

国民年金基金の掛け金を全て社会保険料控除としてマイナスすることが出来ます。
※「課税所得」と「所得税額」は変更になります。
課税所得が300万円から、29,980円を12ヵ月分で2,640,240円です。
所得税額は2,640,240円の10%から、97,500円をマイナスします。
その結果、16,6524円になります。
これは、国民年金基金に加入する前と比べると、所得税が35,976円軽減されていますよね。
これは、夫婦、二人で国民年金基金に加入することで、年金の上乗せ部分がもらえることになります。
ただ、このシミュレーションでは、加入時の年齢にもポイントがあると言うことです。
加入者が35歳以下であるか、35歳を超えているかと言うことで、年金の受給額に差が出ると言うことです。
また、加入時に50歳を超えている人は、かなり年金額が少なくなります。
ですから、どちらにしろ、国民年金基金には早めに加入することになりますね。
こうしてシミュレーションを見ても、「国民年金基金は第1号被保険者」には、メリットが多い老後の準備金と言えます。
※60歳から年金が支給される4型があります。
国民年金基金の4型、5型に加入していることで、基礎年金が支給されるまでの間、所得確保も期待することができます。
(笑顔)※4型と5型は、老齢年金が60歳からもらえるメリットがあります。
しかし、その分、掛け金は低めになっています。
生命保険は早く加入したほうがお得?【若いうちが良い?必要ない?】